DEVELTA(ディベルタ)とは

「DEVELTA(ディベルタ)」は、マーケティングデータを分析しやすく可視化する
CDP(カスタマーデータプラットフォーム)サービスです。

DEVELTA だから提供できる
CDP サービスとは

WEB サイトへのアクセスや広告のコンバージョンなど、これまで乱雑だったすべてのビジネスデータを1つに統合。
統合したデータをセグメント化し、分析結果を出すことで、顧客の動向を把握し、マーケティングや
カスタマーサポートチャネルでの施策の精度をアップ。貴社のサービスの発展に貢献します。

3 つのポイント

01

データを集める

多くの企業は既に自社内にデータを持っています。例えば、顧客マスター、購買履歴データ、Webアクセスデータ、アプリアクセスデータ、個人情報の取り扱い同意情報など。
しかし、これらのデータはすべて別々のシステムで管理されています。よって、データを連携させて顧客の動きを把握することが困難です。
DEVELTA(ディベルタ)はコア技術としてTreasure Data(※1)を使用しています。そのため、顧客マスターデータも、購買履歴も、Webアクセスデータも、アプリデータも容易にしかも多量に蓄積することが可能です。
(※1)Treasure Dataはトレジャーデータ株式会社の登録商標です。
データを統合
02

データを統合し、可視化する

データを可視化するには蓄積した各種データを共通のID(顧客ID等)で紐づけてデータを整形、整列させることが必要です。DEVELTA(ディベルタ)はデータの整形、整列を行うことのみならず、Tableau(※2)を利用し見やすいダッシュボードを作成し、社内のだれもが情報を可視化できる環境を構築します。
(※2)TableauはTableau Software Incの登録商標です。
03

データを利用して、最適な施策がうてる

DEVELTA(ディベルタ)はトライコーンのCRMサービスのクライゼルやLINEビジネスコネクトツールLOOPASSとも連携可能です。クライゼルやLOOPASSと連携することで、データ分析結果に基づいたメール配信やLINEのメッセージ配信が可能です。
また、コア技術としてTreasure Data(※1)を利用していますので、Treasure Data(※1)が連携している多くの外部サービスとデータ連携することが可能です。

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせはお気軽に!
ページトップへ戻る