営業の顧客アプローチに|CDPの活用事例

CDPで顧客解像度を上げる

営業の顧客アプローチに

恒久消費財の営業マンやB2Bの営業マンはお客様とお話する前にお客様に関する情報を確認し商談を開始することが求められます。

営業の課題

耐久消費財やB2Bの営業パーソンはお客様とお話する前にお客様情報を確認し商談を開始することが求められます。

お客様情報例

  • 過去のお取引履歴(過去どれくらいの売上があったか、または初回取引か)
  • 企業情報(従業員数、売上、業界など)
  • 過去の営業お問い合わせ情報(過去のお問合せ者やお問合せ内容など)
  • 興味事項(webサイト閲覧履歴から推測)
  • いつごろから自社に興味を持っていただいたか(webサイト閲覧履歴から推測)
現在これら情報は社内に分散しており営業パーソンが見やすく集約・可視化されていません。
また、MA(マーケティングオートメーション)もマーケッター向きの画面ですので営業パーソンや営業チームがMA画面自体を利用するには難があります。
社内に分散している顧客情報をCDPに集約・可視化します。

社内に分散している顧客情報をCDPに集約・可視化

DEVELTAは社内に分散している情報をCDPに集約し、営業が見たい情報を一覧性高く表示させることが可能。
お客様のご要望に応じてフルカスタマイズにも対応します。

これにより、お客様の解像度を上げ、営業の顧客アプローチを側面から支援します。
また、CDPに格納された情報を使って、お客様のスコアリングも可能。
スコアで営業マンがアプローチする順序を明確にします。

お客様の興味事項の把握(例)
スコア(例)

DEVELATAダッシュボードサンプルです。

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせはお気軽に!
ページトップへ戻る