マーケッターのリピーター獲得に|CDPの活用事例

お客様のことを深く洞察し、その結果に応じてお客様とのコミュニケーションを行いましょう

マーケッターのリピーター獲得に

企業に最も必要なのは顧客理解です。マーケッターにとっても同様です。

マーケッターの課題①「顧客理解」

企業に最も必要なのは顧客理解です。
マーケッターにとっても同様です。
お客様のことを深く洞察し、その結果に応じてお客様とのコミュニケーションを行う。
そのためにはお客様に関連した情報を集め、紐付け、可視化することが大切です。

たとえば、化粧水を買われたお客様が、お肌のハリでお困りなのか、くすみでお困りなのか、たるみでお困りなのかはお客様ごとに異なります。
お客様のお困りごとはクリックしたweb広告の訴求内容やアンケート情報があれば、ある程度推測できます。

これら情報に基づいて、お客さまのお困り事項に応じたよりよい使い方をご案内するコミュニケーションを設計し、メッセージ配信することでOne to Oneマーケティングを実現できます。

マーケッターの課題②「個客スコアによるエンゲージメント計測」

マーケッターの課題②「個客スコアによるエンゲージメント計測」

今や個々のお客様(以下個客)とコミュニケーションする手法は多数あります。
代表例は、メール、LINE、リターゲティングweb広告です。
しかし、多くの場合これら施策のKPIとしてはメッセージ送信とコンバージョン情報(例えば、クリック、CTR、コンバージョン、CVRなど)を計測しPDCAを回すだけ。

これでは、個客とのエンゲージメントを把握しているとは言えません。
個客ごとにエンゲージメントスコアを設定し、メッセージのクリック、web閲覧、コンバージョンなどのイベントごとにエンゲージメントスコアを変化させ、お客様の状況を可視化することが重要です。
さらに、実施したマーケティング施策(例えばLINEのメッセージ配信)ごとに全体のエンゲージメントスコア変化を把握することでマーケティング施策の評価も細かく実施できます。

メッセージを送るだけから、メッセージ送信後の個客スコアとその総計をトラッキングすることで、
マーケティング施策のPDCAを円滑に回すことが可能です。
マーケッターの課題③「セグメントデータの抽出」

マーケッターの課題③ 「セグメントデータの抽出」

顧客のセグメンテーション手法は数多く存在します。RFMCPM、NPS、個客スコアなど。
どの手法を使っても、セグメントされた情報を抽出し、メッセージ配信システム(メール、LINE、WEB広告など)と連携することで初めて施策実施できます。
そのためには、セグメントの可視化、そのデータのダウンロードが簡単にできる仕組みが必要です。 DEVELTAは、その仕組みを実現いたします。

顧客セグメント例:RF表

顧客セグメント例 RF表

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせはお気軽に!
ページトップへ戻る