catch-img

CDPとDMPの違いとは?仕組みを理解しマーケティングに活用

顧客データはマーケティング施策をする上で欠かせません。

その顧客データを収集・管理するツールに「CDP(カスタマーデータプラットフォーム)」と「DMP(データマネジメントプラットフォーム)」があります。

どちらも顧客管理データのプラットフォームという点では同様ですが、管理するデータの内容や活用方法が異なります。

またこれらの違いを理解した上で活用することが、マーケティング施策を成功させる上で重要なポイントです。

今回はCDPとDMPについて、それぞれの仕組みや違いについてご紹介いたします。

顧客データの管理に課題を感じている企業、顧客データ管理ツールの導入を検討している企業は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事のポイント!

  • CDPは顧客単位の情報を管理するプラットフォーム
  • DMPは顧客の属性や嗜好に合わせてセグメント化した情報を管理するプラットフォーム
  • CDPとDMPは管理する顧客データの粒度やデータの活用方法が異なる

目次[非表示]

  1. 1.CDPとは?3つの機能
    1. 1.1.①データの収集
    2. 1.2.②データの統合
    3. 1.3.③収集・統合したデータの分析
  2. 2.DMPとは?オープンDMPとプライベートDMPの役割
    1. 2.1.オープンDMPとは
    2. 2.2.プライベートDMPとは
  3. 3.CDPとDMPの違いとは?
    1. 3.1.収集できるデータの中身
    2. 3.2.顧客データの収集場所
    3. 3.3.データの活用方法
  4. 4.CDPとDMPを活用しデータドリブンなマーケティングを
  5. 5.CDPとDMPの違いを押さえて効果的に活用しよう

CDPとは?3つの機能

CDPとは「Customer Data Platform」の略称で、顧客の属性や行動といったデータを収集し蓄積するシステムを意味します。

CDPとは「Customer Data Platform」の略称で、顧客の属性や行動といったデータを収集・集約して蓄積するシステムを意味します。

まずはCDPを理解するために重要となる、3つの機能をご紹介いたします。

①データの収集

CDPの1つ目の機能は、顧客の行動履歴や購買情報を収集すること。

具体的にはオンラインショップへ流入したユーザーの属性・嗜好・Web上の行動履歴等を収集します。

そして商品の関心度や今後のアプローチ方法へ活かすためのデータを蓄積します。

つまり顧客となりうるユーザー、あるいは顧客の一次情報を収集しています。

マーケティング施策を実行する際、その判断基準となるのがCDPで収集したデータです。

このデータ収集が適切に行えているかどうかが、マーケティング施策を成功させる第一歩。

②データの統合

2つ目の機能は収集したデータを顧客IDに紐づけ、顧客一人ひとりのデータに統合すること。

顧客ごとの細かいデータを把握することで、顧客の属性やニーズをより的確に把握できます。

またそうすることで、それぞれの顧客に合わせた効果的なアプローチが可能です。

③収集・統合したデータの分析

3つ目の機能は、商品・サービスに関心を持っている顧客の詳細なデータを分析すること。

またCDPで収集・統合したデータには、主に以下のような内容が顧客IDと紐づけられています。

  • 顧客番号
  • 年齢
  • 生年月日
  • 住所
  • 興味関心
  • 購買履歴
  • サイト閲覧履歴 など

個人情報に近いデータを収集して統合しているため、より個人にフォーカスした分析が可能になります。

そうすることで、顧客一人ひとりにアプローチするための施策に活用可能。

他にも扱っている商品やサービスに合わせて、より深いターゲット分析もできます。

DMPとは?オープンDMPとプライベートDMPの役割

DMPとは?オープンDMPとプライベートDMPの役割

DMPとは「Data Management Platform」の略で、デジタルマーケティングに活用するための巨大な情報プラットフォームのこと。

主にそれぞれの顧客に対して、効果的な広告を最適化して配信するDSP(Demand Side Platform)広告で活用されています。

またDSP広告とは、DSPを通じて配信されるディスプレイ広告のことです。

DMPで収集・統合した顧客データを、DSPに引き渡すことで広告が最適化されて配信される仕組み。

またDMPには「オープンDMP」と「プライベートDMP」の2種類が存在しますので、ここではそれぞれのDMPについてご紹介していきます。

オープンDMPとは

オープンDMPは、自社と直接的に関係のない他社が運営している複数のサイト郡の閲覧情報(クッキー情報)を収集・管理します。

別名「パブリックDMP」とも言われています。

実際に多くのユーザーはGoogleやYahoo!のような外部サイトを用いて、各サイトを回遊しWeb上で行動しています。

そのため自社とは直接的に関係ない場所でのユーザーの行動履歴などを収集管理することで、より正確な顧客の属性や興味関心がわかります。

そしてユーザーのWeb上の網羅的な興味関心・行動情報により、より最適化されたマーケティングを実施できる仕組みです。

プライベートDMPとは

プライベートDMPは、商品やサービスを提供している企業(自社)と直接的に関係のある場所で収集した顧客データを収集・管理する仕組みです。

また管理するデータは、企業のもつWebサイトにおけるアクセスデータ、さらに登録されている会員情報や、営業がもつ顧客リストや実店舗などのPOSデータから収集したデータ等があります。

つまり企業が直接手に入れたデータを自社で統合し、管理・分析するのがプライベートDMPの役割。

そしてオンラインだけでなくオフラインの情報も収集する点が、オープンDMPとの違いです。

オープンDMPだけでは顧客データの粒度が粗い部分も多いため、自社が持つ顧客データとオフラインで生まれたデータを統合することでより有効なデータ分析ができます。

CDPとDMPの違いとは?

CDPとDMPの違いとは?

CDPとDMPは、顧客データを収集して管理するという点では同じ仕組みです。

ではCDPとDMPには具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは3つの観点からCDPとDMPの違いについてお伝えしていきます。

収集できるデータの中身

1つ目の違いは、収集できるデータの中身。

CDPは顧客の個人情報にあたる細かい情報まで、IDに紐付けて収集し管理まで行います。

その一方で、DMPは匿名の顧客データが属性単位で収集・管理されています。

よって密な情報を収集して管理・分析できるのがCDPです。

また属性と興味関心が類似したセグメントごとに、収集した情報を管理、そして分析できるがDMP。

そのため顧客一人ひとりに最適なアプローチをする場合にはCDP。

広く浅くアプローチしたい場合にはDMPの活用が最適といえます。

さらに収集するデータの精度が良いのはCDP。

そして収集するデータのボリュームが大きいのはDMPといえます。

顧客データの収集場所

2つ目の違いは、顧客データの収集場所。

CDPは顧客の個人情報までをも管理するため、外部から入手するのは不可能です。

そのため自社のWebサイト上や会員登録情報など、自社ルートのみで収集しています。

このように直接的に収集したものを「1st party データ」といいます。

一方DMPは自社ルートでは把握しきれない情報を収集する役割。

つまり自社以外の不特定多数の外部機関から提供された「3rd party データ」を収集しています。

実際にWebサイトを利用するユーザーには任意で「cookie」が付与されます。

このcookieはユーザーのデータを保存する役割をもち、付与されたユーザーの動きが追える仕組みです。

つまり企業がDMPを導入している場合、新規のユーザーがWebサイトに訪れた際にcookieが付与されます。

これにより商品やサービスに関心を持って流入したユーザー情報を取り逃がさずに、データを収集・管理できる仕組みです。

そして蓄積された情報を基に、どのような属性のユーザーが商品やサービスに関心を持っているのかといった傾向が分析できます。

その結果、広告配信をはじめとするデジタルマーケティングに活かせます。

データの活用方法

3つ目の違いは、データの活用方法。

顧客の会員情報やWebサイト内での行動履歴がわかるCDPは、顧客個人にアプローチしやすいデータの管理をしています。

そのため顧客個人に向けてデータを活用し、パーソナライズ化したマーケティングが可能です。

つまり既存顧客に対して密な関係を構築するために用いるものです。

実際に企業が継続的に利益を得るためのマーケティング施策には欠かせないデータといえます。

それに対してセグメント化された大量の顧客データを管理するDMPは、主に広告配信にデータを活用しています。

DMPで蓄積したデータを元に配信先をセグメントし、それぞれに最適化された広告を自動的に配信できます。

またデータ母数のボリュームが大きいため、ターゲットとなるユーザーに対して多くの広告が配信できます。

そのためDMPは新規顧客開拓のデジタルマーケティング施策には欠かせない存在です。

CDPとDMPを活用しデータドリブンなマーケティングを

CDPとDMPを活用しデータドリブンなマーケティングを

CDPとDMPは全く異なるものではなく、顧客データを収集・管理・分析してマーケティングに活かすという面では同じプラットフォームです。

もともとはマーケティングにおいてはDMPが主流でしたが、比較的最近になりCDPが登場。

これにより顧客とより密な関係を築き、顧客に合わせた細かいマーケティング施策が可能になりました。

そのためには明確にCDPとDMPの役割や違い理解する必要があります。

現代の企業のマーケティング活動において重要なのは2点。

1つ目が自社の抱えるマーケティングの課題を明確にすること。

2つ目がCDPやDMPを活用してPDCAを回していくことです。


  サードパーティデータに頼らない、CDPの活用法 1st party data、0 party dataの活用が重要になってきます。本記事では、3rd party dataの頼らないCDP(顧客情報基盤)の活用について説明します。 DEVELTA


CDPとDMPの違いを押さえて効果的に活用しよう

今回はCDPとDMPの違いやそれぞれの仕組みについてお伝えいたしました。

顧客データを管理するプラットフォームという点では、CDPもDMPも同様です。

しかしそれぞれの役割やデータの活用方法は異なります。

そのため目的に合わせて使い分けることが、効果的なマーケティングを成功させるポイント。

またどちらか一方しか導入していない場合、データに偏りが生じてしまう可能性があります。

そのため両者の特徴を理解し活用することで、均衡の取れた精度高いの顧客データを蓄積できます。

そして、マーケティング施策にそれらを活用することで効果の高い施策を実施できます。

DEVELTAの資料請求


SHOHE URA
SHOHE URA

データマーケティンググループ所属。 マーケティング担当者としてデジタルマーケティング全般に従事。 保有資格:GAIQ(GoogleAnalytics認定資格)

関連記事

サードパーティデータに頼らない、顧客情報基盤(CDP)の活用法

ブログ

2020-04-17 12:01

web上の個人情報への規制が世界的に進んでいます。3rd party dataの段階的な廃止にともない、 1st party data、0 party dataの活用がより求められます。本記事では、3rd party dataの頼らないCDP(顧客情報基盤)の活用について説明します。

データ活用を加速させるカスタマーデータプラットフォームとは?

ブログ

2019-11-26 18:00

CDPという言葉を聞いたことがあるでしょうか?CDPは、企業が「データ活用」を進めるために利用するプラットフォームです。本記事では、データ活用の現場でよく出てくる「CDP(カスタマーデータプラットフォーム)」についてわかりやすく解説していきます。

ページトップへ戻る