サードパーティデータとは

サードパーティデータとは、ユーザーと直接の関係性がない企業によって収集されたデータを指しています。
たとえば、あるユーザーがA社のサービスを閲覧していたとします。A社はユーザーが自社のサイトに訪れたことは確認できますが、他社の訪問情報はわかりません。ユーザーが自社のサービスと近いサイトを訪れている可能性は高く、その情報を取得できれば最適な広告を配信することが可能になります。そこで、サードパーティデータを収集する企業があらゆるサイトにデータを取得するタグを設置し、そのデータをA社が購入することでA社はサードパーティデータを利用することが可能になります。

ページトップへ戻る