セカンドパーティデータとは

セカンドパーティデータとは、他社と合意し利用するファーストパーティデータを指しています。たとえば、自社がグループ会社のA社とします。ターゲット層を拡大するために、親会社のB社にデータの共有することを合意します。そうすると、A社はB社が保有するファーストパーティデータを利用することが可能になります。この会社間で合意がされたファーストパーティデータをセカンドパーティデータとよびます。

ページトップへ戻る